Croquis Notes

croquis notesは自分が経験した日常の出来事について、丁寧に分かりやすくシェアさせていただく情報サイトです。

美容整形。どこまでやれば、いつまでやれば幸せになれるんだろう?

   

今日の「ザ・ノンフィクション」は

39歳でモデルを目指して上京した女性が主役。

椿朋海さん、39歳。札幌市出身。朋海さんは、今でも20代と間違われるほどの美貌の持ち主。かつてススキノでNo1ホステスとなり、引退後はバルーンショップを経営してきました。そんな朋海さん、実は幼い頃から容姿にコンプレックスがあり、整形に3000万以上かけて美しさを追い求めてきました。コンプレックスの原因は、子供のころに言われた母の一言。以来、朋海さんは、親を頼ることなく、自分の力で生きてきたのです。

引用元:フジテレビ ザ・ノンフィクション(https://www.fujitv.co.jp/thenonfx/)

 

美容整形をするようになったのはなぜ?

整形を始めた理由は、

子供の頃、親戚が集まった時に

親戚の人の前でお母さんに

「この子は不細工だから不憫な子」

と毎年言われてきたことで傷つき

高校を卒業するとともに

美容整形をするようになったそうです。

 

親の不用意な言葉で

子供は傷ついていることがあるんですよね。

 

それはわかるんですが

美容整形の総額は2,800万円!

 

キレイになれば幸せになれる

そう思って生きてきた彼女は

人生の節目ごとに美容整形をして、

前向きに生きてきたそうです。

 

3度目の離婚を気に美容整形

実は彼女はバツ2で、

今は今年に入ってから結婚した男性と

別居中なんだとか。

 

番組の取材中に

彼女は離婚を決断するのですが

今回の人生の節目にも

二重を大きくする

美容整形を施術してました。

施術後、彼女が

「どこまでやれば、

いつまでやれば幸せになれるんだろう?」

と言っていた言葉が印象的でした。

 

ファッションモデルのオーディション

彼女が目指すのは、ファッションモデル。

そして39歳を迎えた今年、朋海さんは、一大決心をします。なんとファッションモデルとなるべく、札幌の生活を捨てて上京することにしたのです。しかし、当然ながら、初めて暮らす東京生活は、厳しいものでした。それでも、夢に向かって生きるのには、驚きの理由があったのです…。

引用元:フジテレビ ザ・ノンフィクション(https://www.fujitv.co.jp/thenonfx/)

39歳でモデルなんて絶対ムリだよ!

と、凡人なわたしは思ってしまいますが(;^_^A

 

ススキノでホステスのNO.1になったり

13年間会社を経営してきた彼女には

なにか、やり遂げる力がある、

本当にモデルになれちゃうのかな?

そんな風にも思えます。

 

番組中に受けたオーディションには落ちましたが

自分が落ちた理由を審査員に聞くところは

なんだかプロフェッショナルな感じさえしました。

 

この先どうなっていくのかはわかりませんが、

彼女なら、きっと自分らしい仕事を

見つけることができるんじゃないかな

と思いました。

 

まとめ

キレイになれば幸せになれると信じて

美容整形を繰り返す彼女は

本当に幸せになれる日が来るのか

気になるところですが、

自分の夢をかなえるために頑張っている彼女を

応援したくなる気持ちもあります。

 

わたしも自分らしく生きていきたい

そういう気持ちにもなりました。

 

 - 美容整形 , ,