保釈保証金が10億円!ゴーン被告の保釈金の行方は?

   

お昼のニュースでゴーン被告の

保釈が決まったと報道されました。

その保釈金は、なんと10億円!!

 

「10億円も払って保釈してもらうんだ~。」

と思った反面

「保釈金の10億円はどうなるんだろう?」

と疑問に思ったので、

保証金は最終的にどうなるのか

調べてみました。

 



スポンサードリンク


保釈金とは

保釈金の正式名称は、保釈保証金といいます。

逮捕された被告人が保釈してもらうために

裁判所に納付するお金のことをいいます。

 

保釈金は保釈中にトラブルを起こさず、

裁判にも最後まできちんと出席すれば

判決後に全額返金されるそうです。

 

つまり、被告人が保釈後に

証拠隠滅や逃亡をしないように

お金を人質(?)にする、

という感じでしょうか?

 

ということは、

 

ゴーン被告の支払った10億円も

ゴーン氏が何かトラブルを起こさない限り

裁判後にはゴーン氏に返金されるんですね。

 

てっきり支払われた保釈金は

裁判所の収入になると思ってました(;^_^A

 

ただし、何かトラブルを起こしたり

理由なく公判期日に出頭しなければ

保釈金は没収されるそうです。

 



スポンサードリンク


保釈金の金額の基準は?

保釈金の金額は裁判官が

被告の所得に応じて決定するそうです。

 

保釈金の金額が一律でないのは

釈放の担保として支払われるという性質上

被告人にとって返金されないと困る金額

というのが目安になるので

資産家であるゴーン被告の保釈金が

10億円となったようです。

 

たとえ返金されるとはいえ

10億円を支払えるなんてスゴイ

というのが実感です。

 



スポンサードリンク


保釈金を払えない場合はどうなるの?

被告人の中には保釈金を支払いたいけれど

もしかしたら

現金がなくて保釈金を用意できない

という場合もあるかもしれませんよね。

 

ゴーン被告は違うと思いますが(;^_^A

 

そういう場合は

  1. 保釈金と同等のもので支払う
  2. 日本保釈支援協会の立替制度
  3. 全国弁護士協同組合連合会の保釈保証書

などの方法もあるそうです。

 

なにはともあれ

「被告人」にならなければ

保釈金が必要になることはないわけですよね。

 

まとめ

ゴーン被告が10億円の保釈金を支払って

保釈されることとなりました。

 

その保釈金は裁判後には

ゴーン被告に返金されるそうです。

 

今回、保釈金の金額を知ったことで

被告人のゴーン被告がどれだけお金持ちなのか

よーくわかった気がします。

 





 - ニュース ,